野外活動2012

益田児童館では毎年夏休みに、暑さに負けない体づくりと仲間意識の醸成、それに自然に親しむことを目的に、吉賀町の長瀬峡や美都自然の森等で、川遊びを中心とした野外活動を実施してきましたが近年は参加児童が少なく、川遊びを実施できにくい状況でした。

そこで島根県益田県土整備事務所等の協力で益田川ダム管理棟や橋梁工事等いろいろな工事現場の見学ができるようになりました。今年度は平成24年7月26日に現在建設中の益田市長沢町の第二長沢トンネルの作業現場を益田小学校の下級生を中心とした児童35名で見学しました。

 

第二長沢トンネルは全長約1200mで現在片側より700mほど掘り進んでいました。午前10頃に現場事務所に到着し、ヘルメットを貸したいただき装着し、発破のドーンという音を聞きてトンネル現場に来たという実感がわいてきました。

発破後の粉じんが収まるまでトンネル工事についての説明を聞いたり、記念のボルトカバーに字や絵を書いたりしました。10時半頃からいよいよトンネルに入りました。坑口付近にはまだ粉じんが漂っていましたが進むにつれて粉じんは無くなりました。さっき発破した切羽まで歩いて行きました。下級生が多い今回の野外活動ですが、皆元気に歩きました。

野外活動2012

平成24年7月26日野外活動現場到着

 益田児童館では大人の仕事を知ってもらい、子供達に夢を持たせようと、夏休みに野外活動として工事現場等の見学会を開催してきました。今年度は益田小学校児童35名が参加して第二長沢トンネルの現場を見学しました。

野外活動2012

いよいよトンネルに入ります

出入り口から最終切羽までの700mを歩いていきます。先ほど発破をかけた所まで行きます。

野外活動2012

粉じんで少しかすんで見えます

思ったよりは明るく、地道ではありますが割ときれいに整備されていました。

野外活動2012

記念に書いたボルトカバーを付けました

岩盤補強のために埋め込むボルトの頭に、先ほど記念に書いたボルトカバーを付けました。

野外活動2012

切羽に到着しました

約700m地道をあるき、先ほど発破をかけて崩した切羽に到着しました。

野外活動2012

記念に岩を拾いました

発破で崩した岩の破片を記念に持ち帰りました。普通の上程では人目につかない石(岩)です。隠れた地球のパワーをもらえるかも・・・。

野外活動2012

記念撮影

切羽の前で全員で記念写真を撮りました。

野外活動2012

切羽の状態

発破で崩した岩・・・。

野外活動2012

水分を補給して帰ります

また700mを歩いて帰ります。

野外活動2012

トンネルの状態

出口への帰り道に出口方向を撮影しました。

野外活動2012

外は明るく暑いです

汚れた靴を洗っています。

野外活動2012

面白かったね

靴をきれいにして、さあー帰りましょう。工事現場の皆さんありがとうございました。

益田児童館アルバム

七夕まつり

七夕まつり2016

益田児童館夏の恒例行事七夕まつり

子ども奴

子ども奴

益田児童館が誇る子供たちの奴行列

ボランティアクラブ

益田児童館ボランティアクラブ

益田児童館の夏のボランティア活動