野外活動2013

野外活動2013益田児童館では毎年夏休みに、暑さに負けない体づくりと仲間意識の醸成、それに郷土の自然や歴史・文化に親しむことを目的に、吉賀町の長瀬峡や美都自然の森等で、川遊びを中心とした野外活動を実施してきました。

今年度は平成25年7月26日に郷土の歴史・文化を知ろうをテーマに、益田市匹見町の美濃地屋敷の見学と匹見町の伝説をマンガ化した「小沙夜伝説」の小沙夜が淵(おさよがぶち)の見学に益田小学校の下級生を中心とした児童十数名と保護者さん達とで行きました。

 

野外活動2013美濃地屋敷の当主は、たたら業の支配人として尽力する一方で、村政を統括する庄屋を務め、江戸時代後期には数村を管理下におく元割庄屋(大庄屋)をたびたび命じられるなど、被支配者層の頂点をきわめた家柄でした。背後に山地を背負って構える屋敷構えは壮大で、 古くは三方に水流の濠をもち、中央には母屋、表側には長屋門、そして勘場、牛舎、養蚕室、二階倉が立ち並び、側面は土壁で仕切られていました。 通常の屋敷が四間取り系であるのに対して、当家は六間取り系で、代官などの支配階級者の接待のための座敷の間があることが特徴です。 土間から見上げる力強い梁組は五段からなり、とくに牛引き梁は方三尺(約1m)もあって、これを支える大黒柱は方一尺一寸(約30cm)を測り、富裕な庄屋であった威厳さを今に伝えています。

 
野外活動2013

平成25年7月26日美濃地屋敷到着

益田児童館では郷土の歴史・文化に親しみ郷土愛を育むために、夏休みに野外活動として様々な見学会を開催してきました。今年度は益田小学校児童十数名と保護者が参加して益田市匹見町の美濃地屋敷と匹見町の表匹見峡を見学に行きました。

野外活動2013

美濃地屋敷に入って!

益田市匹見町道川振興センターの三好センター長より美濃地屋敷の概要をわかりやすく話していただきました。

野外活動2013

もっと詳しく知りたい!

益田児童館の子ども達に郷土のことを多く知ってもらおうと、益田市文化財保護審議会委員の渡辺友千代が駆けつけて下さいました。面白いお話をたくさん聞きましょう。

野外活動2013

おもしろ・おかしく・わかりやすく

渡辺友千代先生は匹見の歴史や文化に大変お詳しく、いろいろな話をおもしろ、おかしく、わかりやすく話していただきました。

野外活動2013

屋敷内にあがって

広い屋敷内に上がってみました。大小さまざまな部屋がありました。

野外活動2013

庭にも出てみました。

玄関前の庭や奥にある庭にも行って、いろいろな話を聞きました。。

野外活動2013

大きな蔵がありました。

大きな蔵もありました。今は資料館になっています。

野外活動2013

大きなお屋敷です。

おおきな屋敷です。

野外活動2013

美濃地屋敷

美濃地屋敷さん、ありがとうございました。

野外活動2013

記念写真です

ものすごく面白かったです。ありがとうございました。

野外活動2013

表匹見峡の「小沙夜淵」

きれいで神秘的な川です。

野外活動2013

表匹見峡の「小沙夜淵」

悲しい物語の舞台です。

野外活動2013

表匹見峡の「小沙夜淵」

ここでも渡辺さんのお話を聞きました。

野外活動2013

表匹見峡の「小沙夜淵」

悲しいお話をわかりやすく話されました。渡辺さんありがとうございました。

益田児童館アルバム

七夕まつり

七夕まつり2016

益田児童館夏の恒例行事七夕まつり

子ども奴

子ども奴

益田児童館が誇る子供たちの奴行列

ボランティアクラブ

益田児童館ボランティアクラブ

益田児童館の夏のボランティア活動